ハラスの強力なメイジサポートが流行している現環境、ボットレーンのサポートの多くはスペルシーフエッジでスタートする事が多くなりました。

あなたは最初に購入したスペルシーフエッジを、フロストクイーンクレイムまで強化していますか?

それとも、ワードアイテムのサイトストーンと合成させて、ウォッチャーの瞳を購入していますか?

今回は、サポートアイテムのスペルシーフエッジの強化先について考えてみます。

フロストクイーンクレイムとウォッチャーの瞳はどっちがいいの?

  • 遠くの敵を発見しやすくスロー効果のあるフロストクイーンクレイム
  • ワードが置ける個数を低コストで増やせるウォッチャーの瞳

戦略に応じて選んでいきたいところですが。。。

フロストクイーンクレイムは強いけど高額である

フロストクイーンクレイムは、スペルシーフエッジを最大まで強化することで完成します。

アクティブ効果は強力で、2体の亡霊を呼び出して近くの敵を索敵し、敵に命中すると数秒間スロー効果を発生させる効果。

視界があまり取れないジャングルのワーディングに強力です。特にナミやソナなどの視界を得られるスキルのないキャラクターにとってはとても強力な効果です。

最大の欠点は、完成までの道のりがとても長いこと。

フロストクイーンクレイム(以下FQC)は、完成させるまでに2200ゴールドという大金が必要です。

サポートプレイヤーはまず、装備強化よりもサイトストーンと、ブーツ、コントロールワードを最優先で完成させなければならないので、FQCまで購入するためには、とても時間がかかります。

スペルシーフエッジをフロストファングに強化するだけでも850ゴールドが必要。
そこからFQCを購入するためには1350ゴールド必要です。

FQCを最優先で完成させるとしても、事前にサイトストーンは購入しておかなければなりません。ボットレーンの視界はおろかドラゴン管理もままらなくなるため、相手にフリーでオブジェクトを管理されてしまって、ゲームを不利な展開に運んでしまうからです。

サイトストーンは完成させるためだけに、800ゴールドが必要。

ブーツは300ゴールド、強化するとなると900ゴールド必要。

さらにコントロールワードやポーションなどを追加で購入すると、FQCを完成させる前に必要なゴールドは意外と多いのです。

2200 + 800 + 900 + α = 3900+α ゴールド

ウォッチャーの瞳は安いのかと言われると?

スペルシーフエッジを強化したフロストファングを合成させて作るウォッチャーの瞳はコストパフォーマンスに優れています。

フロストファングとサイトストーンを合成させて作ると合計で2200ゴールド必要です。

FQCとウォッチャーの瞳は、2200ゴールドで同じ額じゃない?

FQCとウォッチャーの瞳の合成料金はいっしょだから、どちらを買ってもいっしょなんじゃないの?

金額は一緒ですが、ウォッチャーの瞳にはサイトストーンの金額が含まれているので、
サポートアイテム+サイトストーン+ブーツ+コントロールワード等、
この合計金額がかなり安くなります。

2200 + 0 + 900 + α = 3100+α ゴールド

ゴールド差でできること

FQCルートでは合計3900ゴールドが必要でした。
ウォッチャールートでは合計3100ゴールド。

あわせて800ゴールドの違いができることがわかりました。

たった800ゴールドしか違わないじゃんと思ったかもしれません。
でも、1キルで300ゴールドしか入らないと考えてみると、800ゴールドが結構な大金であることがわかってもらえると思います。

リデンプションやソラリのロケット完成がはやまる

サポートアイテムの中で、もっとも強力な効果を持つリデンプションや、アサシンなどバーストダメージに対して強力なソラリのロケットの完成がはやくなるメリットがあります。

リデンプションは合計2100ゴールドが必要です。
ソラリのロケットは、2200ゴールドが必要。

800ゴールドあれば、完成させることはできなくても素材アイテムを購入できます。

リデンプションなら、ヒールとシールドの効果が上昇するフォビドゥンアイドル、もしくはヘルスと体力自動回復速度の上昇するクリスタルブレーサーが購入可能です。
ソラリのロケットは、素材アイテムの物理防御が上昇するクロスアーマーと、魔法防御がアップするヌルマジックマンとが購入可能。

アイテムスロットに余裕ができるのも大きなポイント

ウォッチャールートを選択することで、アイテムスロットの空きが、FQCルートを選択したときよりも1つ増える、というメリットもあります。

ウォッチャーの瞳はサイトストーンとサポートアイテムを合成することで完成するので、鞄に余裕が生まれるのです。

後に続くサポートアイテムの素材を購入する時も、鞄の中身がいっぱいでゴールドをアイテムに換金できないという無駄が、おこりにくくなります。

ワードの置ける数にも違いがある

FQCルートの場合は、サイトストーンのままなので、1度に持っておけるワードの数は3個です。
ウォッチャーの瞳は、1度に持っておけるワードの数は4個。

たった1個の違いですが、視界のコントロール、マップコントロールを得るうえで、ワードは1つでも多く持っておきたいです。

コントロールワードも1度に3個までもてるので、資金に余裕のある場合はできるだけ多く購入して持っておきたいので、この1個の差が結構大事な気がします。

FQCで呼び出せる亡霊は数秒経てば消えてしまうので、ワードやコントロールワードのように長い間視界を得ることができません。

どのタイミングで相手が攻めてくるのかわかるのであれば、FQCのアクティブ効果は大変強力ですが、そうでないのならワードの方が強力なのではないでしょうか。

FQCと他サポートアイテムとの比較が大事

ながながと書いてきましたが、要するに

FQCが他のサポートアイテムよりも強力であると判断したならFQCに強化する。
逆に、ソラリのロケットやリデンプションの方が重要だと判断したなら、ウォッチャーの瞳に合成する。

こういうことです。

ちなみに、プロ勢の多くはウォッチャーの瞳を選択しています。
ここ最近の大会で、FQCを採用している選手はほぼ見たことがありません。

あとは、あなた次第。