最近私がメインで使っているサポートチャンピオンのナミのビルドをご紹介です。LCKの大会でskt t1 wolf選手が使っていたカスタマイズで、私のナミもこのカスタマイズを真似して遊んでいます。

ナミのアイテムの購入順番

アイテムの購入順はこんな感じ。

最初のリコールで、ゴールドが増えるサポートアイテムを強化。そこからワードを置けるサイトストーンを最大まで強化してから、リデンプションへいくルート。

気になったのは、リデンプションの素材を、ヒール量が上がるアイテムからじゃなくて、体力が上昇するアイテムを最初に購入しているところ。こっちから購入することで、並みの耐久力が上がって、倒されにくくなるから、相手の攻撃が激しい時はこっちからいったほうが安定するのかもしれない。

ナミのスキルを取る順番

こちらは、特別変わったところが無い気がする。

WQWEと最初にとってから、RWEQの優先順位で強化している感じ。

よくQかEか、どちらを優先してあげていくかまようんだけど、やっぱりプロの選手たちは、だいたいみんなEから強化しているから、きっとなにかりゆうがあるんだろうなー。考えられるのは、ハラス性能が強化されたり、スローがつよくなるから、Qにつなげやすくなるのが理由なのかなーという感じ。

ナミのルーン

ルーンのセッティングはこんな感じ。

赤に魔法防御貫通。黄色に体力。青に魔力。紫に物理防御2つと魔力1つ。

序盤からWのヒールとハラスを両立できるスキルのおかげでレーン戦が強いナミ。赤と青と紫の魔力関係でダメージトレードで優位に立ちつつ、黄色と紫の物理防御と体力で、相手の攻撃のダメージを和らげる構成。でもこれ、ナミだけじゃなくて、ルルとかカルマとか最近流行のメイジサポートを使う時、いつもwolf選手はこのルーン構成なんですよね。ということは、キャラに関係なく、この構成が強いということなのかもしれないなー。

ナミのマスタリー

ナミのマスタリーも、特別変わったところは無い感じ。カルマとかルルとかピックしても、wolf選手は大体こんな感じの構成でプレイしている印象。

cunningの、相手を攻撃するとダメージになるところと、お金が稼げるようになるところがたまに入れ替わっているのを見るんだけれども、今回はダメージ優先にしている様子。対面のジンとカルマ構成は序盤からダメージどんどん出してくるし、それに対抗したかったのかなーという感じ。

まとめ

サポートアイテムをサイトストーン購入よりも先に強化して、マスタリーでダメージも強化して、レーンを確実に勝てるようにした感じのビルドでした。最近のメタ的に、序盤からボットレーンで優位を取って、ボットのタワーをおって、ファーストタワーボーナスをもらうっていうのが強いようなので、勝ちやすくなるような構成にしていた感じなのかなーと思いました。

参考にしたゲームはこちらから
LCK Spring 2017 – Week 7 Day 1: SKT vs. JAG